ハルシオンを飲む前に気をつけておきたいこと

ハルシオンを飲むにあたっての注意点

ハルシオンは世界では1977年、日本では1982年に発売されたベンゾアゼピン系睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は効果も高く、大きな副作用も少ないため、今現在でも不眠治療の場面では頻繁に処方されている睡眠薬です。とはいえ、副作用がまったくないわけではなく、あくまで睡眠薬の中では少ないというだけで注意点が大事なことには変わりはありません。

 

ハルシオンは上手に使えば大変効果の高い薬品ですから、注意点に気をつけて使うようにしましょう。

 

ハルシオンの作用機序

作用機序は薬が体に働きかける仕組み、ハルシオンで言えばどういうメカニズムで眠くなるのかということになります。

 

脳にはベンゾアベジン受容体と呼ばれている器官があります。この器官が動くと、脳の動きは徐々ににぶっていくことになります。脳の動きが鈍れば必然的に「眠くなる」というわけです。

 

ハルシオンはこのベンゾアベジン受容体の動きを促進しますので、その結果ハルシオンを飲むと眠くなるのです。

 

ハルシオンを飲む際に注意した方がいい人


ハルシオンを飲むと眠くなる仕組みは理解できたかと思います。ですが、ハルシオンはどんな状態の人にも普通に使っていいという薬品ではありません。注意点としてこんな状態の人は服用にあたって慎重に様子を見る必要があるケースもあるのです。

 

ここからは、どんな人がハルシオンの服用時に注意しなければならないかを、その注意点について解説していきます。

 

慎重な服用をした方がいい場合

 

肝臓に障害がある

注意点としてハルシオンの成分の多くは肝臓で代謝、分解されて体外へと排出されます。

 

ですから、肝臓が弱っている状態ではなかなか薬は体外へと出ていかず、薬の血中濃度も上がってしまいます。

 

血中濃度が高くなると薬の効き目も強くなってしまいますので、健康な人が飲んだ場合と比べると効き目が強く効果時間が長いということになってしまいます。

 

効き目が強くなると副作用も出やすくなりますし、効果時間が長ければその副作用が長引くリスクがあるということです。

 

もしも、肝臓の状態に不安があるようでしたら、ハルシオンを処方された際担当医にその旨相談して、本当に使っても平気か判断してもらいましょう。

 

腎臓に障害がある

ハルシオンの多くは肝臓で代謝分解されますが、腎臓はその分解した代謝物を体外に尿として排出する役目を持っています。

 

そのため腎臓が弱っていれば、ハルシオンの排出が滞り、同じく血中濃度や排出までの時間が長くなってしまいます。

 

腎臓ほどではありませんが、肝臓が弱っていても副作用が高まるリスクが上がることを覚えておいてください。

 

体が衰弱している

体が弱っていると内臓の処理能力や尿を排出する能力などが全体的に弱まり、同じようにハルシオンを代謝する力が落ちてしまう効果が強く出てしまうことがあります。まずは服用量を少量から始めた方がいいでしょう。

 

高齢者


お年寄りの場合はこれまで出た

 

  • 肝臓が弱っている
  • 腎臓が弱っている
  • 体が衰弱している

 

これら三つの複数のケースに当てはまる場合が多くなっています。

 

強く効くためか、めまいやふらつきなどの副作用が出やすくなっていますので、必ず最小用量である0.125mgから開始してください。

 

脳に器質的障害がある

 

ハルシオンは脳の器官に働きかけることで、眠気を得る医薬品です。ですから、脳自体に物理的損傷があると、本来考えていたのとは違う効果が発生してしまうことがあります。

 

ほとんどの場合は、想定以上の効果が出てしまうようですから、まずは少ない量に抑えて服用しましょう。

 

心臓に障害がある

ハルシオンは脳の動きを鎮めて眠くなる効果を発揮するのですが、この際の効果は眠くなる以外にもあります。

 

脳の動きが鈍くなるということは、脳の機能が制限されてしまうということです。その制限される機能の中に血圧調整機能があります。全くできなくなるわけではありませんが、血圧調整機能が鈍ることにより血圧が低下してしまうケースが報告されています。

 

健康な状態であればそこまで気になることではありませんが、血圧が下がると心臓病が悪化する可能性もあります。もしも、使わなければならないのであれば、担当医に相談した上で体の状態には気を配っておきましょう。

 

できれば服用を見送った方がいい場合

上記はハルシオンの効果が想定内の物にならない、または体に何らかの害があるかもしれないので服用時には注意といったケースの物でした。これから紹介するものは、データが少ないので危険か安全かわからなかったり、危険である可能性が高いからなるべく服用はやめておいた方がいいという物になります。

 

新生児、乳幼児、小児

今のところ使用例が少なく、安全か危険かどうかの見極めができていない状態です。

 

担当医と綿密に相談を行い、どうしてもハルシオンを服用しなければならないというのでもなければ、やめておいた方がいいでしょう。

 

いずれにしても「近頃子供があんまり眠れないようなのでハルシオンを使いたいんですが」と軽い気持ちで使うのはよしましょう。

 

妊婦

妊婦の服用はお腹の子供に悪影響を与える可能性があるという報告があります。医師がハルシオンを飲む際の危険性よりも、メリットの方が上回るという判断をした時のみ服用した方がいいでしょう。基本的には飲まないことをおすすめします。

 

また、母乳を通して乳児に薬の成分が移行するという報告があります。授乳期の服用も避けた方がいいでしょう。

 

ハルシオンの飲み方に関する注意点

ハルシオンはこんな飲み方を避けた方がいい、こんな時には飲まない方がいいという注意点を説明します。

 

長期間の服用は避ける

長い間使い続けると、体にとって薬の成分が体内にある状態があたりまえになってしまい、ハルシオンを飲まないと眠れないという状態になってしまうことがあります。更に、同じ分量では体が反応を示さずに、必要な量が増え続けることで体に害があることはもちろん、薬代もかさみ金銭的負担も増えてしまいます。

 

大量服用は避ける

注意点として睡眠薬は飲む量が多くなりすぎると、睡眠時間が伸びすぎてしまったり、昏睡状態に陥ってしまう危険性があります。症状がその先に進めば呼吸停止といった生命活動を脅かすものになってしまうこともあります。

 

機械や車の運転前は避ける

睡眠薬を服用したら即座に眠りに落ちてしまうわけではないのですが、ふらつきやめまいは出てしまうでしょうから、機械や車の運転前に飲むと大きな事故を招くリスクがあります。

 

ハルシオンの副作用・相互作用に関する注意点

こんな人はハルシオンを飲む際に注意しよう、こんな飲み方はしない方がいいといった点を解説してきました。

 

ですが、注意点としてハルシオンの服用に関してこれらに当てはまらない人が正しい分量・適切な状況で服用しても副作用はでないわけではありません。
そこで、副作用はこんな種類があるという紹介をしていきます。

 

そして、ハルシオン単独使用なら問題がなくても、他の薬品と併用すると出てくる問題点もあります。

 

この二点について解説します。

 

ハルシオンの副作用

 

高い効果とのバランスがいいだけで、副作用が出ないわけではありません。

 

代表的な副作用としては、

 

依存性、離脱症状、ふらつき、めまい、眠気、頭痛

 

といった、症状の中からいくつかが出てきます。

 

このなかで報告が多い症状はふらつき、眠気、頭痛となっています。これらの症状が出ると車や機械の運転の妨げになります。

 

ハルシオンの相互作用

 

相互作用という物は、対象の薬の効果をかえてしまうことになります。

 

薬の用量は「こういう効果がこれくらいあるなら、適切な量はこの位」という判断でされています。効果が変わっているのに同じ量を飲んでしまったら体に害があります。

 

ハルシオンの効果が変わってしまうような、相互作用のある薬品は併用しないようにしましょう。

 

わかりやすい例としては睡眠薬との併用です。

 

注意点として薬品とは違いますが、アルコールはハルシオンと同様の睡眠・鎮静の効果がありますので、併用すると効果が大きくなりすぎるのでやめておきましょう。

 

ハルシオンはどんな薬?


ハルシオンの注意点としては、効果の強さと作用する時間の長さが特徴的で、飲むする量を間違えてしまうとふらつきなどの副作用がでやすいために、現在ではあまり処方されない薬となっています。
ハルシオンの注意点は基本的には安全性の高い薬として扱われていて、主に寝付きの悪い患者さんに対して処方されています。しかし現在の主流は、抗不安作用や筋弛緩作用などを伴わないタイプの薬なので、処方される機会は少なくなっているのが注意点です。

 

この薬の良い注意点としては、不安が軽減するので、寝付きが良くなるだけでなく、落ち着いた気持ちで眠れます。注意点として単なる寝不足ならば、翌日などに眠られますが、不眠症の場合は、眠る時にさまざまなことを考えてしまって、脳が興奮状態になって、眠れなくなるので、ハルシオンを飲んで心を落ち着かせるのは非常に有効な不眠症対策とされています。

 

注意点としては安全性の高い薬ですが、ふらつきなどの副作用があるので、高齢者には慎重な投与が必要とされています。また弱い依存性があるので、長期間飲み続けていると薬なしでは眠れないという状態になるのが注意点です。ハルシオンを飲む場合は、医師の指導にしたがって、適切な量を必要な時に飲むのが注意点です。

 
http://www.sailingcentral.info/ http://www.sinirsizfilm.net/ http://karanlikdunya.net/ http://cowalcinemaclub.com/